アヤナス どう?

アヤナスに癒される日々。でも期待していたほどの効果は…

翌朝目が覚めると、私は真っ先に鏡を手に取り、昨日の成果を確認し始めました。

 

 

ん〜…、赤みはひいてる…かな?


 

1日目ということもあり、シワやお肌の張りはまだ戻ってきたように思えません。気にしてみれば、ほんの少ししっとりしてる?ような感じです。肌荒れによる頬の赤みは抑えられているのがハッキリと分かったので、まずまずの成果だな、と思いました。

 

 

シワとかたるみは、きっとこれからだよね!まだ1日目だし。


 

わずかに不安は残りますが、気分を一新して昨日雑誌で見つけた新しいカフェに行く準備をすることにしました。

 

ファンデーションにはおまけとして同封されていた、BBクリームを早速使用することに。お色は少し濃いオークル系で伸びもよく、カバー力も申し分ありません。小鼻や頬の毛穴は綺麗に消えて、ツヤ感があるタイプだったので、陶器のようなつややかな肌になりました。

 

アヤナスを継続して使うようなら、一緒にBBクリームも切り換えようかな♪

 

準備が整うと、早速市街地にあるカフェに向かいます。もう少しで到着といったところでしょうか。前方から見覚えのある人物がこちらに向かって早足で歩いてきます。

 

 

先輩じゃないですか。奇遇だなぁ!


 

 

外回り?仕事は順調にやってるの?


 

 

はい、問題ありません。先輩…何だか今日は綺麗ですね。これからお出掛けですか?


 

 

うん、そんなとこ。この辺りに新しいカフェが出来たみたいだから。それにしても〜、そんなに普段の私、綺麗じゃなかった?


 

 

や、違います。すみません!そういう訳じゃなくって!


 

さらっと失礼な事を言ってしまった後輩は、ばつが悪そうに肩をすくめて必死に否定を始めます。それが可愛らしくて、もっといじめたくなってしまいました。先輩のポジションって、ちょっとおいしいかも。

 

 

あ、もうこんな時間だ!僕、急ぎますね。カフェ、いってらっしゃい!


 

 

は〜い、頑張って!


 

その様子が面白くて、クスクス笑いながら後輩を見送りました。そんなに時間は経っていないのに。でも、後輩が気付くくらいに綺麗になれたみたいだから…、やっぱりBBクリームも効果的なのかも♪

 

こうして日中は上機嫌に過ごし、夜はまたアヤナスに癒される日々が3日程続きました。

 

しかし、物事は何でも上手くはいきませんでした…

 

 

今日で4日目なのに…


 

アヤナスを使い始めて4日が経ちました。確かにピリピリと痛む事はありませんし、肌が荒れる事もありません。

 

使用する分には問題はないのですが、景子がお勧めする程、『肌が潤った!』だとか『シワやたるみが緩和された!』なんて事がいまいち実感できません。ですが、スキンケアにかなりのこだわりがある景子のお勧めですし、となると…

 

 

やっぱり、今までスキンケアしなかったからかな…。もう、私の肌は駄目なのかな…


 

スキンケアはちゃんとしなきゃ駄目だよ、と景子にうるさく言われ続けた去りし日々を思い出しました。まさかこんなところで痛感するなんて…。鬱々とした気持ちで私は電話を手に取り、景子に掛けました。

 

 

もしも〜し。どう?その後。


 

 

確かに痛くないけど…。シワもたるみも、ほんの少しだけマシになったって感じ。


 

 

うんうん、それで?


 

 

もう私の肌、元気にならないのかな…どうしよう…


 

受話器越しに景子が吹き出す声が聞こえました。普段だったら怒る私ですが、今はそんな元気もありません。

 

 

せっかちなんだから。まだ4日目だよ?トライアルは10日分あるんだから、これからだよ!


 

 

でも、遅くない?


 

 

あのねぇ、10日分あるっていうことは、『私達に10日間は時間をください。』って、ディセンシアが言ってるってこと。それは人によって差があるからなんだよ。


 

 

うん…


 

 

とにかく!私に騙されたと思って、使いきってごらんよ。きっと大丈夫、もう少し頑張ろう!


 

優しい景子の励ましに、心が暖かくなりました。持つべきものは友ですね。景子は、私がある程度元気を取り戻すまで、そのまま談笑してくれました。そろそろ眠いかな?というところで、景子は寝るように私へ奨め、電話を終えて、今日は就寝しました。

 

本当に私にも効果は出るのでしょうか…

 

 

次の『 アヤナスと出会えてよかった!奇跡の展開に思わず景子と… 』へ

 

 

 

アヤナスに癒される日々。でも期待していたほどの効果は…



このエントリーをはてなブックマークに追加